ノーネクタイ・ノージャケット宣言

ノーネクタイ・
ノージャケット宣言

【ノーネクタイスタイル】
スーツスタイルからネクタイを外したスタイルです。女性の場合、ネクタイはありませんので該当しません。
【ノージャケットスタイル】
スーツスタイルからジャケットを脱いだスタイルです。
  • For Men
  • For Ladies
  • For Menボタンダウンの半袖カッターシャツを合わせると襟元がスマートな印象に。白シャツもカジュアルテイストのアイテムを合わせれば、堅苦しくなりません。
  • For Ladies半袖シャツや淡い色合いのもの、薄くストライプの入ったブラウスを合わせれば、きちんと系クールビズスタイルに。

コーディネート例

  • ノーネクタイ・ノージャケットスタイル1
  • ノーネクタイ・ノージャケットスタイル2
  • ノーネクタイ・ノージャケットスタイル3

コーディネート例

ノーネクタイ・ノージャケットスタイル1
ノーネクタイ・ノージャケットスタイル2
ノーネクタイ・ノージャケットスタイル3
ビジカジ宣言

ビジカジ宣言

「私服OK」でも、きちんと感が求められる場合に使えるビジカジスタイル。自分に合うコーディネートを1組用意しておくと、就活中はもちろん、入社後のお仕事スタイルとしても大活躍します。

  • For Men
  • For Ladies
  • For Men男性の場合、スーツ一式とは違う、大人っぽいの着こなしのジャケパンスタイルがオススメ。インにはカジュアルなシャツを着用したり、チノパンを合わせるなど、カジュアルなアイテムを取り入れたビジネススタイルです。
  • For Ladies女性の場合は、レースカットソーブラウスジャケットを合わせたカジュアルスタイルや、アクティブな印象のクロップドパンツスタイルなどを提案。社会人になってからも、様々なシーンで活躍してくれます。

コーディネート例

  • ビジカジスタイル1
  • ビジカジスタイル2
  • ビジカジスタイル3

コーディネート例

ビジカジスタイル1
ビジカジスタイル2
ビジカジスタイル3
私服宣言

私服宣言

私服とはいえ、襟元が大きく開いているなど露出が大きいもの、派手な装飾や総柄などは避け、動きやすくシンプルで清潔感のあるスタイルを心がけると良いでしょう。企業によって価値観が様々なので、で迷う場合はNGの確認を。

  • For Men
  • For Ladies
  • For Men男性の場合、ポロシャツにチノパンなど、ビジカジスタイルに近いものは外資系企業や大手メーカーなどでも、広く受け入れられやすい傾向にあります。Tシャツにジャケットジーンズやスニーカーなどを取り入れたカジュアルスタイルは、IT系企業やベンチャー向けではOKとするところも多いようです。
  • For Ladies女性の場合、手持ちのトップスやフレアスカートジャケットなどを取り入れたカジュアルスタイルを提案。職場によってその線引きは変わるものの、華美になりすぎなければ比較的自由にスタイルを合わせられます。自分好みのアイテムを活かすことで、堅苦しさを感じさせないスタイルに。

コーディネート例

  • 私服スタイル1
  • 私服スタイル2
  • 私服スタイル3

コーディネート例

私服スタイル1
私服スタイル2
私服スタイル3

志望業界によって変わる就活スタイル。「ビジカジ」「私服」スタイルはどこまでOK?業界別のスタイルを紹介します!

各スタイルについては、メンズファッションの月額レンタルサービス「leeap(リープ)」さんに衣装コーディネート・スタイリングのご協力をいただきました!

スタイリング:橋口 美紀子(leeap(リープ)専属スタイリスト)

メンズファッションの月額レンタルサービス「leeap(リープ)」 メンズファッションの月額レンタルサービス「leeap(リープ)」

企業の皆様へ