ノーネクタイ・ノージャケット宣言

ノーネクタイ・
ノージャケット宣言

【ノーネクタイスタイル】
スーツスタイルからネクタイを外したスタイルです。女性の場合、ネクタイはありませんので該当しません。
【ノージャケットスタイル】
スーツスタイルからジャケットを脱いだスタイルです。
  • For Men
  • For Ladies
  • For Menボタンダウンの半袖カッターシャツを合わせると襟元がスマートな印象に。白シャツもカジュアルテイストのアイテムを合わせれば、堅苦しくなりません。
  • For Ladies半袖シャツや淡い色合いのもの、薄くストライプの入ったブラウスを合わせれば、きちんと系クールビズスタイルに。

コーディネート例

ノーネクタイ・ノージャケットスタイル1 【スタイルA】
スーツで使える半袖のワイシャツは、1枚あるとスーツスタイルのクールビズで大活躍してくれます。
※着用アイテム:スタイリスト私物

【スタイルB】
ビジネスシーンでも使える黒のリュックが1つあると、荷物もまとまりフットワーク軽く就活に臨めそう!
※着用アイテム:スタイリスト私物・モデル私物
ノーネクタイ・ノージャケットスタイル2 【スタイルC】
シンプルな白カッターシャツのパンツスタイルなら、アクティブな印象の就活スタイルに!
※着用アイテム:モデル私物

【スタイルD】
ノージャケットでもサマになるよう、インナーのシャツ選びにはこだわりを。
※着用アイテム:モデル私物
ノーネクタイ・ノージャケットスタイル3 【スタイルE】
ストライプや少し色の入ったシャツを合わせて、いつものスーツスタイルに変化をもたせて。
※着用アイテム:スタイリスト私物

【スタイルF】
カジュアルな装いの半袖シャツに、ブラウンのスーツを合わせたこだわりのスーツスタイル。
※着用アイテム:スタイリスト私物
ビジカジ宣言

ビジカジ宣言

「私服OK」でも、きちんと感が求められる場合に使えるビジカジスタイル。自分に合うコーディネートを1組用意しておくと、就活中はもちろん、入社後のお仕事スタイルとしても大活躍します。

  • For Men
  • For Ladies
  • For Men男性の場合、リクルートスーツとは違う、大人っぽいの着こなしのジャケパンスタイルがオススメ。インにはカジュアルなシャツを着用したり、チノパンを合わせるなど、私服でも使えるアイテムを取り入れたビジネススタイルです。
  • For Ladies女性の場合は、レースカットソーブラウスジャケットを合わせたカジュアルスタイルや、アクティブな印象のクロップドパンツスタイルなどを提案。社会人になってからも、様々なシーンで活躍してくれます。

コーディネート例

ビジカジスタイル1 【スタイルA】
白のフレアスリーブトップスに、チェック柄のIラインスカートを合わせた上品コーデ。
※着用アイテム:スタイリスト私物

【スタイルB】
ストライプ柄のカットソーにピンクベージュのクロップドパンツを合わせたお仕事スタイル!
※着用アイテム:スタイリスト私物
ビジカジスタイル2 【スタイルC】
グレーのジャケットに、インナーには紺のポロシャツを。ジャケットを脱いでもカジュアルなクールビズスタイル。
※着用アイテム:leeap

【スタイルD】
インしなくてもすっきり着られるシンプルな半袖襟付きシャツで爽やかな印象に!
※着用アイテム:leeap
ビジカジスタイル3 【スタイルE】
袖のリボンが揺れるブラウスに黒のAラインスカートを合わせた、大人っぽさたっぷりのビジカジスタイル。
※着用アイテム:スタイリスト私物

【スタイルF】
白シャツに黒のボトムスを合わせたシンプルコーデに、イエローのカーデで華やかさをプラス!
※着用アイテム:スタイリスト私物
ビジカジスタイル4 【スタイルG】
濃紺ジーンズにベージュのジャケットを合わせたビジネススタイル。スニーカーでカジュアルな装いをプラス。
※着用アイテム:leeap
私服宣言

私服宣言

私服とはいえ、襟元が大きく開いているなど露出が大きいもの、派手な装飾などは避け、シンプルで清潔感のあるスタイルを心がけると良いでしょう。

  • For Men
  • For Ladies
  • For Men男性の場合、襟付きシャツにチノパンなど、ビジカジスタイルに近いものは外資系企業や大手メーカーなどでも、広く受け入れられやすい傾向にあります。Tシャツにジャケットジーンズやスニーカーなどを取り入れたスタイルも、「私服OK」であればチャレンジしても良いでしょう。きちんと感を忘れずに!
  • For Ladies女性の場合、手持ちのカットソーにジャケットやシンプルなボトムスを合わせたカジュアルスタイルを提案。業種によって線引きは多少変わるものの、華美でなければ比較的自由にスタイルを合わせられます。自分が好きなアイテムを活かして、堅苦しさを感じさせない個性のあるスタイルを。

コーディネート例

私服スタイル1 【スタイルA】
シンプルなボーダー柄カットソーは着回し力も抜群のお役立ちアイテム。
※着用アイテム:leeap

【スタイルB】
好きな柄の襟付きシャツなら、きちんと感で個性も発揮!
※着用アイテム:モデル私物
私服スタイル2 【スタイルC】
すっきりシルエットのジャケットを合わせることで、ワイドパンツでもきちんと感のあるコーデに♪
※着用アイテム:モデル私物・スタイリスト私物

【スタイルD】
ビビットカラーのアイテムを取り入れることで、シンプルアイテムでも華やかな印象に。好きな色から取り入れてみましょう!
※着用アイテム:モデル私物
私服スタイル3 【スタイルE】
襟付きシャツなら色んなカラーを楽しめます。着丈が短めのカジュアルシャツなら、ボトムスにインしなくてもすっきり着られます。
※着用アイテム:モデル私物

【スタイルF】
無地Tシャツにジーンズを合わせたシンプルコーデ。ジャケットを羽織ればビジネスシーンでも使えます。
※着用アイテム:leeap
私服スタイル4 【スタイルG】
シンプルな白カットソーに綺麗な花柄のAラインスカートをチョイス。ストラップ付きのパンプスを合わせて。
※着用アイテム:モデル私物・スタイリスト私物

【スタイルH】
7分袖のニットにジーンズのワイドパンツを合わせて旬のスタイルに。
※着用アイテム:モデル私物
私服スタイル5 【スタイルI】
イエローのギンガムチェック柄シャツはシンプルなボトムスと合わせて着こなす上級アイテム!
※着用アイテム:leeap

志望業界によって変わる就活スタイル。「ビジカジ」「私服」スタイルはどこまでOK?業界別のスタイルを紹介します!

各スタイルについては、メンズファッションの月額レンタルサービス「leeap(リープ)」さんに衣装コーディネート・スタイリングのご協力をいただきました!

スタイリング:池谷 真里、澤井 麗(leeap(リープ)専属スタイリスト)

メンズファッションの月額レンタルサービス「leeap(リープ)」 メンズファッションの月額レンタルサービス「leeap(リープ)」

企業の皆様へ